​ 未病の自覚症状・予防策・カウンセリングをご案内! 

 自覚症状が少ないプチ変化とは? 

ホームコラム一覧 > 未病の自覚症状・予防策・カウンセリングをご案内!自覚症状が少ないプチ変化とは?

未病は大きな病気に発展することもあり、自覚症状に気づいているときは早めの対処が必要です。しかし、自覚症状が少なかったため、見逃してしまうケースも少なくありません。

こちらでは、身体に起こる小さな体調不良について解説いたします。併せて、心と身体のつながり、予防に向けたカウンセリングの重要性もご確認ください。

自覚症状が少なくても油断禁物!プチ変化を見逃さない!

自覚症状が少なくても身体に何らかの変化が起こっている可能性はあります。

 

冷え

冷えは女性の大敵です。冷えを自覚していると対策しやすいですが、自覚していない冷えもあります。手で触れないとわからないケースもあるため、セルフチェックを欠かさないようにしましょう。

疲れ

人間は多少の疲れがあっても無理ができてしまいます。しかし、疲れを自覚した時点で、かなりの負担がかかっていることを忘れてはいけません。食事や睡眠が不足している場合、生活習慣の見直しと改善が必要です。

 

ストレス

忙しい日々に追われているとストレスフルになってしまいます。適度なストレスはモチベーション管理に役立ちますが、過度なストレスは心身を蝕みます。ストレスに感じていることはないか、紙に書き出してみたりすると対策がしやすいです。

 

痛み

身体に生じる痛みは自覚症状があるのでわかりやすいです。しかし、一過性の痛みだろうと深く考えない方も少なくありません。原因を特定し、適切な改善を行うことが求められます。

未病の自覚症状について知識を深めたいという方は、Fucho.meをご利用ください。未病の状態を把握する際に役立つカウンセリングなどのサービスをご提供しております。

心と身体は密接につながっている!

心と身体には密接なつながりがあります。精神的にストレスを抱えているとき、食欲がなくなったり、頭痛が起こったりしたことがある方も多いでしょう。心と身体に密接なつながりがある何よりの証拠です。

良好な精神状態なくして健康はあり得ません。身体の調子がおかしいと感じたら、まず精神的なストレスが原因になっていないかチェックしましょう。

小さな自覚症状も未病予防のためにカウンセリングを!

小さな自覚症状であっても、大きな病気に発展する可能性を秘めています。小さな自覚症状だからといって放っておいてはいけません。身体に変化が起こっているのは間違いないため、定期的にカウンセリングを受けて予防策などを知ることをおすすめします。


病気の予防として健康づくりに取り組みたいとお考えの際は、Fucho.meまでご相談ください。自覚症状がない未病に気づくためのカウンセリングを行っております。様々な領域の専門家が丁寧に未病の原因などを調べ、適切なアドバイスをご案内いたします。

カウンセリングの予約はこちら

健康づくりに役立つカウンセリングなどをご希望ならFucho.meへ

未病は自覚症状の有無にかかわらず、放置するのは危険です。少しずつ健康な状態を蝕んでいるため、適切な対処を行うようにしましょう。未病をはじめ、健康に関する知識を深めたいとお考えなら、Fucho.meのサービスをご活用ください。

様々な領域で活躍するHQCアドバイザーのカウンセリングをオンラインで受けることができます。健康に自信がある方でも、何かしらの未病サインを見逃している可能性はあります。未病のカウンセリングを受けてみてください。

​公式SNSアカウント

  • Facebook Black Round

本サービスは、医師による疾病の診断や治療等を行う医療行為ではなく、個々人が持つ未病状態等について利用者に気づきを与え、利用者自らの行動変容を促すサービスです。

HQCチェック®は株式会社ヘルスデザイン プロモーションの登録商標です。

[会社名]
株式会社 HQC TOKYO


[サイト名]
Fucho.me

[住所]
〒150-0002

東京都渋谷区渋谷3丁目6−2 エクラート渋谷5F


[メールアドレス]
info@hqc-tokyo.com

© 2020 Fucho.me