​ 未病対策のセミナーを開催!予約はお気軽に! 

 女性が冷え性になりやすい理由と予防法 

ホームコラム一覧 > 未病対策のセミナーを開催!予約はお気軽に!女性が冷え性になりやすい理由と予防法

冷え性に悩んでいる女性は多いです。男性よりも圧倒的に女性の割合が多いのですが、その理由は何でしょうか。

こちらでは、女性と冷え性の関係性、冷え性が慢性化すると起こる体調不良と予防策について解説いたします。Fucho.meは未病対策のセミナーなどをご案内しております。

女性と冷え性の関係性

女性が冷え性になりやすい理由は、筋肉量にあります。女性は男性と比べて筋肉量が少ないため、熱を作るのが得意ではありません。さらに、熱を配るのも苦手なので全身に熱が行き届かず、結果として冷え性になりやすいのです。

 

また、最近は過度なダイエットを行う方も増加傾向にあります。間違ったダイエットは必要な筋肉まで失うことになり、より冷え性が加速するリスクが高くなってしまいます。

女性と冷え性の関係性

他にも、露出の多い服装で身体を冷やしているなど、冷え性になる要因は多いです。女性の身体的な特徴とライフスタイルの影響が重なり合って、冷え性になりやすい状態が生まれています。

 

Fucho.meでは、未病対策セミナーの予約を受け付けております。未病の知識を深めることで、健康的な身体づくりに取り組めます。未病のお悩みに合わせてセミナーをお選びください。

冷えの慢性化で起こる体調不良・予防策

冷え性はわかりやすく冷えを感じるケースばかりではありません。別のトラブルとなって現れることもあります。
 

どのような体調不良が起こる?
冷えによる体調不良として、肩こりが挙げられます。筋肉が収縮することで血管が圧迫されて起こる体調不良です。冷えによって血液の流れが悪くなると、筋肉内の老廃物が排出できず蓄積されたままになるため、肩こりにつながります。

冷えの慢性化で起こる体調不良・予防策

冷えを感じなくても、身体が動きづらくなったり、硬くなったりする隠れ冷えの場合もあります。他にも、胃腸の働きが鈍くなる、不眠、更年期障害などを引き起こします。
 

予防策
冷え性の予防対策は、様々な角度から生活習慣を見直すことが大切です。血流を良くすることが必要なので、食生活の面では積極的に温かい食事をとりましょう。

また、ビールやアイスクリームのような身体を冷やす食べ物は、なるべく控えることがポイントです。さらに適度な運動も欠かせません。運動は自律神経を整えて、女性に不足しがちな筋肉量を増やしてくれます。30分程度のウォーキングでもいいので、継続して行うことを意識しましょう。
 

正しい生活習慣は一人ひとり異なります。自分に合った生活習慣を知りたいときは、セミナーなどに参加することも一つの方法です。Fucho.meでは、未病対策に関するセミナーのご予約を受け付けております。気になる未病対策のセミナーにご参加ください。

Fucho.meでは、オンラインでの未病対策セミナーを開催!ご予約はお気軽にどうぞ!

未病について学びたいとお考えなら、Fucho.meまでお問い合わせください。未病の原因や未病対策などの知識を学べるセミナーをご案内しております。

様々な領域で活躍する専門家が未病に関する本物の知識をお伝えいたします。興味のあるセミナーをご予約ください。

HQCチェック®を実施する

まずは、ご自身の今の状態を知ることから始めましょう。5分の問診だけであなたの未病状態を知ることのできる​HQCチェック®を実施してみてください。

HQCアドバイザーから未病を学ぶ(ウェビナー形式)

HQCチェック®でご自身の課題点が明らかになったら、専門家からのウェビナーを受講して改善方法を学びましょう。
 1. こちらからウェビナーを探す
​ 2. 申込みをすると、ZOOMのURLが届きます
​ 3. アドバイザーにたくさん質問して学びましょう

未病対策セミナーの開催予定日

アドバイザーのプロフィール詳細