Image-empty-state.png
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Instagram

花高凌

HQCTOKYO代表

1992年、京都出身。高校時代にiPS細胞で有名な山中伸弥先生の講演で感銘を受け、生物学に興味を持つ。その後、iPS細胞の基礎研究が行われた奈良先端科学技術大学院大学に進学。大学院では微生物の遺伝子工学の研究を行う。 卒業後、東京のベンチャー企業で健康食品の新規ブランドの立ち上げに関する全般業務(広告、マーケティング、オウンドメディア運営、webデザイン等)に関わり健康食品業界の裏側を知る。また同時に働き方改革の1つである『健康経営』の考え方や業界動向を知る。 その中で日本人の健康リテラシーの低下に危機感を持ち、健康無意識層に健康意識を持ってもらうことがこれから時代重要になってくることに気づく。そこで退社し、未病の見える化ができる世界初の未病判定システム『HQCチェック』をコアとした仕組み作りをするために2018年6月に株式会社HQC TOKYOを設立。分子生物学、分子栄養学をベースとした本質的な健康づくりの人材教育、そしてtoB向けの健康経営支援に関する事業の展開を行う。

花高凌

​  はじめに  

​  カウンセリングの際に心掛けていること  

​  自分自身の「Fucho.」物語 

​  カウンセリングをご検討されている方へ  

​  得意な領域  

​  各種コンテンツ  

 Instagram 

 セミナー 

​  カウンセリング後に提供できるサービス  

HQCアドバイザーの育成